給水方式の種類

マンションのような高層の建物の給水方式には、いくつかの方式があります。

1. 直結給水方式

1-1 直結直圧給水方式
水道管の圧力のみで給水を行う方式です。
一般的には3階建までの建物までですが、地域や条件によっては5階建まで給水可能です。


1-2 直結増圧(加圧)方式 
水圧に加えて加圧ポンプで水圧を高めて給水する方式です。
4階~6階以上のフロアに水道管の水圧のみで給水できない場合に選択します。
条件によって異なりますが、10~15階建の建物まで対応可能です。

(東京都のホームページより引用)


2. 受水槽(貯水槽)給水方式

2-1 高置水槽給水方式
1階または地下に受水槽(貯水槽)を設置し、揚水ポンプで屋上に設置された水槽に水を貯め、重力による水圧で給水する方式です。受水槽(貯水槽)を設置しないで、高置水槽のみを設置する方式もあります。

受水槽給水方式のメリット・デメリットはこちら


(東京都のホームページより引用)


2-2 ポンプ圧力給水方式
高置水槽を設置せず、1階または地下に設置した受水槽(貯水槽)の水を、加圧ポンプを連続運転して水圧を高め給水する方式です。

2-3 圧力タンク給水方式
高置水槽を設置せず、1階または地下に設置した受水槽(貯水槽)の水を、ポンプで圧力タンクに送りコンプレッサーで空気を圧縮して、その空気圧を利用して給水する方式です。



3. 混合方式給水方式

直結バイパス方式
直結給水方式と受水槽(貯水槽)給水方式の双方のメリットを活かした給水方式です。直結給水方式への変更と比較して、圧倒的に低コストなことがメリットです。管理人も導入しており、最もお勧めの方式です

図1は高置(高架)水槽給水方式、図2は直結増圧給水方式での導入例です。