直結バイパス方式への切替の手続きの流れ

各市町村の水道局は、原則どこの水道局も「給水装置の新設、改造、修繕及び撤去工事は、指定給水装置工事事業者が施行し、工事を行うときは、事前に水道局へ申請をし、当局が設計審査及び工事検査を実施します」という規則を設けています。


したがって直結バイパス給水工事も、この原則に該当すると考えられます。ただし、直結バイパス給水方式を受水槽(貯水槽)給水方式の緊急避難工事と捉えれば、平常時は受水槽(貯水槽)給水方式で給水できているのでこの原則に該当しない可能性があります。

工事申請が必要な理由は、 各マンションで勝手に工事をすることで、水道管の水圧が変動して他の住居で水圧が低下したり、場合によっては給湯器などにダメージを与えることがあるからです。また、工事に使用する材料の材質、構造又は工法によっては、水道管へ水が逆流して、安全かつおいしい水を提供する保証ができなくなる可能性もあります。


各市町村の水道局で水圧を確認するとともに、必要に応じて申請をおこなって工事を施工することが望ましいです仮に申請をしない場合には、緊急時のみの利用にとどめるべきと思われます。