直結給水方式への切替の手続きの流れ

各市町村は、条例によって給水装置の新設、改造、撤去、
修繕等を行う場合は承認受けなければならないとしています。


そして、受水槽(貯水槽)給水方式から直結給水方式の
変更の場合は、装廃工事申し込みと同時に新設工事申し込みを
行うこととされています。


また、承認前に工事の内容によっては、水道局との事前協議を
行うように定めている場合もあります。

一般的な切り替え手続きの流れは以下のようになりますが、
地域や工事のケースによっては順番が多少異なったり、
省略される手続きや別の手続きが必要になることがあります。
詳しくは、各市町村の水道局に確認が必要です。

1)事前協議申請

2)水道本管の圧力測定依頼

3)測定結果を基づいて流量計算書の作成

4)工事費用見積り

5)水道法に定められている水質検査及び耐圧検査の依頼

6)工事の申請申込み

7)直結給水方式のための水道工事

8)施工写真・竣工図・竣工関係図書とともに竣工届け

9)水道局による竣工検査