直結給水方式のメリット・デメリット

各市町村が拡大をすすめている直結給水方式のメリットと
デメリットについて、今まで多く利用されている
受水槽(貯水槽)給水方式との対比で比較します。

■ 直結給水方式のメリット 

・受水槽(貯水槽)がないため、定期点検・清掃などの
 維持管理費が不要になります。

・ビル・マンションの長期修繕計画に受水槽(貯水槽)の更新が
 不要になります。

・水道本管の水圧が利用できるので、電気代が安くなります。

・受水槽(貯水槽)スペースの有効活用ができます。

・水道本管から直接、水を給水できるので
 安全、衛生的な水が利用できます。

 直結給水方式のデメリット

・水道本管、配水管の事故等による断水が起きると、
 貯水機能がないためすぐに給水が不可能になります。

・渇水対策などによる水圧が制限されると、
 十分な水の利用がすぐにできなくなることが起こります。

・利用できる建物の高さに制限があります。

・直結給水方式が利用できない地域や多量の水を使用する、
 など特定の建物に関しては利用できない場合があります。

・直結増圧方式の場合、加圧ポンプを使用しているため停電が
 起きると、水圧によっては低層フロアは給水が可能ですが、
 高層フロアは停電と同時に給水不能になる場合があります。

・直結増圧方式の場合、常にポンプを使用しているので電気代が結構高くつきます。

・直結増圧方式の場合、加圧ポンプの騒音がうるさいです。

・直結増圧方式の場合、ポンプの消耗が激しく故障比率が高い。
(感覚的には、揚水ポンプの2倍程度)

・水道管の太さによっては、夕方などの需要ピーク時に
 水の供給が追いつかない可能性があります